Soroptimist International of Osaka-Chuo
ホーム 大阪-中央の歩み 理事会メンバー紹介 最新の活動報告 これまでの活動報告

2021 WHAT'S NEW

活動報告

会長交代式2020年7月16日

2020年度 乾会長から 2019年度 山田会長に花束贈呈

会長ピンの伝達

 

 

 

 

 

山田会長:コロナウイルスの影響で途中からふれ愛ひろばという目標がなくなり、この1年が長かったのか短かったのかわからないので、自分としてはは心残りはある。この時期に会長を務めたのは何か意味があるのかもしれない、忘れられない1年間だった。人生長く生きていれば色んなことがある事を勉強させて頂いた。来期制限のある中で活動するのはご苦労があると思うが、フロアーから協力させて頂きたい。1年間ありがとうございました。

乾 次期会長:この時期に会長が務まるか不安ですが、理事会のメンバーや、各委員会の委員長を引き受けて頂いた皆様に助けて頂いてやっていきたいと思います。ソロプチミストとしてどんなことができるのか、どうしなければいけないのか皆で考え、これを機に前向きに新しい活動に取り組んでいきたい。

2020年度 理事会メンバー2020年7月16日

 

会長:乾恵美子会員

副会長:高林みどり会員

 

 

 

セクレタリー:田中佐千子会員  C.セクレタリー:金城未依会員理事:西尾章子会トレジャラー:栗山美恵子会員 理事:西尾章子会員、辻田栄美子会員

 

ミニスピーチ2020年6月18日

6月のミニスピーチは篠原会員にして頂きました。

2009年度の会長を務めました。会長になったとたんに主人の病気がわかり精神的に大変辛かった。「愛と調和」をテーマに掲げて、和み合い・楽しみながらとの思いをもって務めた。 12/8にクリスマスチャリティーコンサート、1/21当時の平松市長を迎えて中之島公園に植樹、2/19には薬物乱用防止の卓話、3/18にはレスキュー協会の卓話を行った。4/10,11郊外例会は1泊2日で福井に行った。6/17ふれ愛ひろばには細川佳代子氏を迎えて講演をして頂いた。入院中の主人に講演内容の録音を聞いてもらったらとても喜んでくれたことを思い出す。人生の中で辛かったが、心の財産になっている。 十人十色、良いところも悪いところもある。人間として魂を磨くために地球に修行に来ている。全てを修行と 捉えたら人を非難する事などない。人の役に立つに為に生まれてきていると思っているので、自分にできる範囲のことは色々していきたい。

6月例会2020年6月18日

新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止していた例会を2か月ぶりに再開しました。久しぶりに会員の笑顔に接することができ大変うれしく思いました。

残念なことに今期4名が退会されます。

山崎比紗子会員、小山智世会員、小島賢子会員、田中三紀子会員、今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

「大学院女子学生奨学金」応募者にクラブ賞授与2020年3月19日

「大学院女子学生奨学金」応募の今村都さんにクラブ賞授与しました。

残念ながら賞は逃しましたが、面白い研究をされているので、これからのご活躍を楽しみしています。

 

「多国籍企業における文化の違い、それがコミュニケーションに与える影響を研究している。 コミュニケーションは仕事の中で70%を占める。異文化間のコミュニケーションは仕事をする上でとても大事。現場で働く人の仕事を良くする、ひいては人生を良くする事を研究の目標としている。」




このページのTOPへ



国際ソロプチミスト 大阪-中央
メールでのお問い合わせ先
■例会場■ウエスティンホテル大阪 大阪市北区大淀中1丁目1番20号 電話:06-6440-1111 /  例会日:毎月第3木曜日 午後1時~3時